引っ越し先の新居が悪い部屋だった場合のお祓いお清め

ちょっと前に撮影した桜ですが、

もう今は散り去り、今度は青々とした新緑の樹に

姿を変えています。

桜が散る季節は新生活の真っただ中。

もうすぐ来るゴールデンウィークまで変化に暇がありません。

さて、新生活のスタートといえば、新居です。

新居に引っ越した途端に様々なトラブルや体調不良
に見舞われるケースがあります。

具体的には下記のとおりです。

トラブル

・近隣住民とのトラブル
・友人関係の悪化
・家族間での言い争いが増える
・家電製品がすぐ壊れた
・ブレーカーが頻繁に落ちる
・勝手に水が流れる
・電気が点いたり消えたりする
・変なにおいがする

体調不良に関して

・寒気がする、火照る(体温調節機能の低下)
・寝苦しい、何度も目が覚める(睡眠障害)
・変な物音がする(ラップ音)
・悲しい気持ちになる(うつ状態)
・イライラしたり、不安感に襲われる
・やる気が起きない
・微熱状態が続く

誰にしも、新生活を始めるにあたっては最初の内は不安感からくる
ストレスなどによって、心身の不調は多かれ少なかれ生じるものです。

しかし、「あれ?ちょっとこれは普通じゃないな」
といった感じがした場合はお祓いを受けられることをおすすめいたします。
住居に関する霊障は長引くことが多いので、早めの対処が必要です。