特に理由はないにもかかわらず子供に恨まれている場合

・家に引きこもっている娘が毎日のように恨みの言葉を発する
・自立した長男が父親である自分を特に理由もなく一方的に恨んでいて、会うたびに怖い思いをする
・子供と理由もなく絶縁状態となった

このように、特に理由がないにもかかわらず、なぜかしら子供が親を憎んでいる、恨んでいるような

ケースがあります。

本人が自覚していないだけでとんでもない言葉を子供に浴びせたというのなら理解できるのですが、

一切そのようなことがないにもかかわらず、関係が悪い親子が世の中にはいます。

このような場合には家系因縁などの霊的問題が親子の対立を引き起こしている可能性があります。

霊的問題が原因になっている場合には、霊的問題を解消することによって冷え込んでいた親子

関係が急激に元通りに良くなります。

先日も複雑な霊的問題が原因で何年も家に寄り付かなかった半絶縁状態の娘様が霊的問題を解決して

間もなくのこと、急に家に帰ってきて,一緒に楽しくショッピングに出かけるようになったとの喜びのご報告を

いただきました。

こちらの依頼者様の娘様も「お父さんだけは許さない」と特に理由もなく恨まれていたそうですが、

霊的問題を解決した途端に不思議なことに一切恨み節を言われなくなったとのことでした。

特に理由も無いのに子供に憎まれたり、恨まれた結果、精神的にしんどい思いをされている方は一度

原因をお調べになることをおすすめいたします。