水子の祟り 水子供養について 水子がいる場合に出る災いや傾向

水子供養は子供を降ろしたり、流産してしまうと

必ず必要なのかというと、そうではありません。

特に、流産の場合は本人に悪気があるわけではないので、

ほとんど心配いらないのです。

人工中絶をしてしまったとしても、大丈夫なケースもありますが、

無論、しっかりと反省の気持ちを持つ必要があります。

一方、自身の前世が罪深かったり、先祖があまり供養されていないような状態で

子供を降ろすと、水子が成仏せずに取り憑いて障りを起こす場合があります。

最近では「結婚してもまだ子供は欲しくない。5年間は二人だけの生活を楽しみたい」

といった夫婦もおられ、それだけならまだしも、「もし子供ができたら降ろそう」

といったとんでもない考えを持つ人もあると聞きます。

他にも、高校生ぐらいの年齢で家庭環境が悪く、

子供ができても育てる気などさらさらなく、

「子供ができたら降ろせばいい」

というような安易な考えの人間もいます。

子は大切な命です。

粗末な考えは罪・穢れに繋がるのです。

もし、水子の因縁、祟りがある場合は下記のようになります。

結婚した途端に結婚相手の体調がおかしくなったり、激しい暴力をふるわれる。

自身も体調が悪くて流産や早産を繰り返す。

産まれた子供が問題行動ばかり起こす。

このようなトラブルや不調が起きます。

なかには親が水子を生じさせた結果、子供が不妊や出産がうまく行かなくなったケース

もあります。

なので、水子の祟りが気になる方は霊視調査をおすすめいたします。