環境を変えたら調子が良くなったに潜む罠

「環境を変えたら調子が良くなった」

しばしばこのような表現が用いられますが、果たして要因は本当に

環境によるものなのでしょうか?

例えば、都会の東京から地方の長野に移住してから体調が良くなったとしましょう。

「やっぱり自分は都会には合っていなかった」と思うかもしれません。

しかし、体調が悪かった理由が単に住んでいた東京の家がマイナスの念が多い事故物件だった

という可能性があります。

つまり、本来であれば今ある環境を大きく変えずとも家屋の浄化さえすれば、体調なり気分を良化

できたという可能性があるわけです。

なので、環境を大きく変えずに今の状況を改善できる可能性があります。

気になる方は空間の浄化をご参考ください。