心霊スポットは危ないのか?霊能者が語る

相変わらず心霊スポットに遊び半分で行って霊障にあっている人が

いらっしゃいます。

霊に取り憑かれると無気力になったり、奇病を患ったり、蕁麻疹ができたり、性格が変わる、言動がおかしい、目つきがおかしくなる、鼻血が止まらなくなる、片頭痛がする、変な声が聞こえてくるようななる、などいろいろあります。

私が霊能者の仕事で実際に心霊スポットに行ってしまったという依頼者様から「何とかしてほしい」と頼まれた中でも一番恐ろしかったケースは一緒に心霊スポットに行った同伴者が亡くなったというケースです。

「やっぱりそんな恐ろしい結果につながることもあるんやなあ」と思いましたね。

不幸中の幸いといいますか、もう一人の方はお祓いにより正気を取り戻されました。

世の中って楽しいことっていっぱいあるじゃないですか。

なんで敢えてリスキーな心霊スポットめぐりを選ぶんかなぁ?

と不思議でなりません。

この科学が強く幅を利かせている時代だけあって霊的体験を求めている

人が多いのかな?

にしても、せめて霊が関係しない肝試しぐらいにしていただければと思います。