カール・ユングの金言を考える

心理学の巨人カール・グスタフ・ユングはこのような金言を残している。

「私は神を信じない。神を知っている。」

これは神を信じるか否かを問われた際の彼の答えである。

この金言を知って私の内に歓喜が起こった。
と同時に落胆した。

なぜ落胆したのか?
それは現在進行形でこの問いが繰り返されているからだ。

日本ではもっと酷いとさえ思う。

「霊なんて本当にいると思ってんの?」
「多分いないと思うわ。迷信迷信。」

老若男女問わずこのような問答が未だに行われているのである。

霊的存在が確実であることの共有がいまだに
なされていないことに私は大きく落胆している。