異常行動 奇妙な行動 自傷行為はスピリチュアルの問題の可能性も

霊障はさまざまな問題を引き起こします。
原因不明の症状についてはこれまで何度も書いてきました。
それに加え、不幸をも招いてしまいます。

そして、それは行動・行為にも表れることがあります。
そのことについて下記で深く掘り下げていきます。

ここでは以下のように定義しています。
異常行動=人を巻き込む行動
奇妙な行動=個人レベルで済むと思われる行動

異常行動

その名の通り異常な行動のことです。
例えば、物を壊したり、暴力を振るう、
キレる、酒を異常に欲する、何人もの人物と交際する、
突然支離滅裂な事を言い出す、人を不幸にする言動がやめられない、
不必要なものを集める→ゴミ屋敷化するリスク
などです。

奇妙な行動

大量に買い物をしてくる(買い物依存症)、水を大量に飲む(水中毒)
痒くもないのにある身体の一部もしくは全身を掻き毟る、
髪の毛を抜きたくなる衝動を抑えられない(抜毛症)
清潔感の欠如、異常に食べる(過食症)、食べ物を口にしない(拒食症)

自傷行為

若者の間ではリストカットとも言われます。
とにかく自分の体を傷つけようとします。
大抵は精神的なダメージが原因となりますが、
霊障が原因の場合は理由もなく自傷行為や自殺未遂を繰り返し
てしまいます。

さて、上記のように症状は十人十色ですから、
本当に色々な行動が見られます。
上記に挙げたのはほんの一部です。
霊障は認知機能に影響を及ぼしますので、周りから
見たら不自然な行動を取りがちになります。

また、上記に挙げた3つの不自然な行動に関しては
憑依している霊が大きく関係しているケースも多いです。
例えば、「水を異常に欲する」というケースでは焼死した
女性の霊体が憑依していたりするのです。

焼死した霊は水と供養を求めます。